So-net無料ブログ作成
検索選択

<エフオーアイ>三重審査すり抜け 売上高60倍に(毎日新聞)

 東証マザーズ上場のため売上高を水増しし、7カ月という過去最短での上場廃止が決まった半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」(相模原市)の粉飾疑惑は、上場審査時の「三重チェック」をすり抜けていたことがわかり、関係者に衝撃が広がっている。09年11月の上場に向けた09年3月期売上高約118億円のうち実際の売上高はわずか2億円程度で、粉飾割合は「前代未聞」(証券取引等監視委員会)。専門家からは上場審査制度の検証を求める声も上がった。【松谷譲二】

 「信じられない。ほとんど(売り上げの)実態がないのに、なぜ審査をすり抜けられたのか」。12日、エフ社が金融商品取引法違反(有価証券届け出書の虚偽記載)の疑いで監視委の強制調査を受け粉飾規模が明らかになると、大手証券会社の証券マンは驚いた。

 エフ社は上場申請書類に虚偽の決算情報を記載したことを認める声明を出し、21日には東京地裁に破産手続きを申請。負債総額は92億8800万円に上る。東証では、上場審査時の粉飾決算は過去に例がない。

 東証の場合、上場先は1部、2部、新興企業向けのマザーズの3段階。上位になるほど、求められる株主の見込み数や時価総額などのレベルが上がる。非上場企業が上場する際は、監査法人か複数の公認会計士の審査を受ける。並行し、上場の際に主幹事を務める証券会社のチェックも入る。売上高などを記載した財務諸表、取引先などを記載した有価証券届け出書に虚偽がないか、経営管理体制はどうか、暴力団とのつながりがないかなど、細かく調べられる。最後に、東証が同様の基準で審査し、三重のチェックが完了する。

 エフ社は複数の公認会計士がチェックしたが、大手証券関係者は「監査法人に依頼する企業がほとんど。個人に頼むのはまれで警戒すべき事案」と話す。一方、別の市場関係者は「今回は会計士がだまされた」と指摘する。

 ◇偽の取引先紹介

 実際、エフ社は取引先を確認しようとした会計士に対し、海外で偽の取引先を紹介していたとされる。エフ社はこうした偽の取引先を複数使い、架空の仕入れ先に代金を振り込み、別の架空の売却先から受注したように装って売買契約書を偽造、代金を還流させる形で入金させ、架空の売上高を計上していた疑いが持たれている。

 ある大手監査法人の会計士は「会社ぐるみで粉飾し、取引先とも結託していれば見抜くのは困難」と言う。一方で「売上代金が取引先から2年後に納められることになっているうえ、製品が半導体業界であまり出回っていないなど不審点も多く、不正を見抜けないのは甘い」(市場関係者)との指摘もある。東証や証券会社関係者は「財務諸表のチェックは会計士に事実上一任しており、再チェックは難しい」と弁明。三重のチェックが機能していなかった実態がのぞく。東証は上場審査体制の見直しを検討する方針だ。

【関連ニュース
<関連記事>虚偽記載:半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か
<関連記事>半導体製造装置:エフオーアイが破産申請 負債92億円
<関連記事>東証:エフオーアイを6月19日付で上場廃止 粉飾決算で
<関連記事>エフオーアイ粉飾決算:上場廃止 相模原市、地域経済賞を返還請求へ /神奈川
<関連記事>エフオーアイ(6253)は4連続STOP安の公算大 虚偽決算記載認める、監理銘柄(審査中)指定で処分売り集中

<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
ヤギにも感染の疑い=口蹄疫(時事通信)
SL 「集煙装置」付きD51型 甲府−小淵沢駅間に登場(毎日新聞)
注意報など細分化 22年度気象白書(産経新聞)

<訃報>出雲井晶さん83歳=作家、日本画家(毎日新聞)

 出雲井晶さん83歳(いずもい・あき<本名・光定芳子=みつさだ・よしこ>作家、日本画家)16日、急性心不全のため死去。葬儀は22日午前10時、東京渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。喪主は夫光定道次(みちつぐ)さん。

 著書に「今なぜ日本の神話なのか」など。

世襲批判も払拭する 青木幹雄氏後継の一彦氏(産経新聞)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
ASEAN各国に自動車基準・認証協力イニシアティブを提案(レスポンス)
法定外厚生費に742億円 98独法、不適切な支出も(産経新聞)
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集―消費者庁(時事通信)

千葉のクジャク、“写真判定”で飼い主判明(読売新聞)

 千葉県警八千代署で保管中に逃げ出し、10日に捕獲されたクジャクの飼い主が、同県八千代市に住む会社社長の男性と確認され、12日にも引き渡されることになった。

 この男性と茨城県の会社社長男性が10日、クジャクの写真を持参して同署を訪れ、飼い主と名乗り出た。

 2人とも「自分のクジャクと似ている」と譲らなかったが、その後、茨城県の男性のクジャクは茨城県警鹿嶋署で保護されていることが判明したという。

仙台教諭殺害 金銭トラブルか 入院中、株購入求める電話(産経新聞)
五木寛之「親鸞」上巻をネット無料公開 (産経新聞)
北京に外務省高官派遣 金総書記の訪中受け(産経新聞)
<火災>マンション一室全焼 遺体は住民28歳男性か 横浜(毎日新聞)
定期券不正、新たに運転士ら12人…相鉄報告(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。